head_img

お問い合わせをお待ちしております
TEL. 0178-56-2923
営業時間 平日9:00~19:00/土日9:00~18:00

HOME > 症例報告

症例報告

ぎっくり腰

30歳 女性

こちらの患者さんは、腰痛を訴えて来院されました。この腰痛は5日くらい前から始まりました。もともと10年ほど前から慢性的な腰痛があり、今回は水道の蛇口を閉めようとしてかがんだときに“コキッ”という音がしてまもなく痛み始めました。

両方の太ももの裏側にしびれを感じています。痛みは重いような痛みで、座ったり立ち上がったりする動作で痛みが強くなります。また、横になって休んでいるときは少し楽になります。

初回の来院時の痛みの強さは、10段階でいうと7くらいの痛みがあります。また、3年ほど前にヘルニアの手術を受けたことがあります。

検査・施術
まず立った状態から前屈をしてもらうと、強い痛みと動きの制限があります。また、左右に曲げることでも痛みがあります。仰向けでの下肢挙上検査では両方とも45度でした。痛みのある部分を詳しく触診していくと、とくに骨盤周辺と腰部の筋肉につよい緊張がみられました。

初日の施術は、骨盤と腰部を中心に矯正と緊張のある筋肉に対して施術を行いました。施術後は、施術前の痛みが10段階の7だったものが半分の3.5になり、下肢挙上検査では左が約90度、右が約85度まで改善しました。

3日後、2回目の来院時の痛みは10段階で3.5。施術後は2まで軽減しました。その後、1週間に一度の施術を2回、合計4回の施術で痛みと症状は改善しました。現在は3週間~1ヶ月の間隔で予防のために通院中です。


 

肩こり

28歳 女性

こちらの女性の肩こりは、約1年ほど前から感じるようになりました。とくに思い当たるような原因やきっかけのようなものはなく、一日中つねに重く鈍い痛みを感じています。首を動かすことで痛みが強くなり、現在までの経過はとくに変化はありません。

もっとも悪い状態を10とすると、今現在は4くらいの痛み・状態です。

検査・施術
まずはじめの視診では、左右の肩の高さを比べると、左肩のほうが右に比べて高くなっています。ご本人も以前から、写真を撮ると左肩のほうが高くなっているのが気になっていたそうです。

次に首~肩・肩甲骨周辺を触診していくと、両側の僧帽筋に強い緊張と左の僧帽筋に圧痛がありました。また、首の可動域検査では首を左右に傾ける動きで痛みがありました。

施術についてですが、初回はまずアクティベータで全身のバランスを整えたあと、緊張のみられる僧帽筋に対して筋肉の緊張を緩和させる目的でホットパックで暖めました。
その後、1週間後に2回目の来院時に経過を伺ったところ、前回の施術後からほとんど気にならずに現在まで過ごせたとのことでした。2回目も前回と同様の施術をして終了しました。

現在は、予防もかねて全体のメンテナンスとして3週間~1ヶ月の間隔で定期的に通院中です。


 

手術後の左股関節の痛み

68歳 女性

こちらの患者さんは、10年前に左の股関節を手術した後からの痛みと、歩行のしにくさを訴えて来院されました。

この左股関節の痛みは手術をして以来ずっとあります。とくに立っているときや歩くことで痛みが強くなります。とくに歩行時は現在では杖を使用しないと歩くのが困難な状態です。

その他の症状として、左の腰部~臀部、左の太ももの裏にかけて重い感じの痛みがあります。

検査・施術
視診では立った状態で、左のつま先と膝が外側を向いており、両側の膝がやや屈曲(曲がって)しています。骨盤が少し後方に傾いていて、全体的に猫背のような状態で立っています。歩行検査では、左足を痛そうにやや引きずるような感じで歩いています。

次に触診では、手術を受けた左の股関節付近は、組織が癒着したような感じで硬く弾力がなくなっています。左の臀部の筋群とハムストリングは右側にくらべると、細くやせている印象です。

股関節の可動域検査では、右側は正常に動きますが、左股関節は内旋(つま先を内側に向ける)に強い可動制限があります。筋力検査では左のハムストリング・大腿筋膜張筋・大腰筋・腸骨筋に筋力の低下が見られました。

初日の施術は、まずアクティベータで骨盤・脊柱を含め全身の矯正をしたあと、骨盤・股関節・膝関節・足関節の問題のある部分を細かく矯正しました。
終了後に軽く歩いてもらうと、施術前の足をひきずるような感じはなくなりスムーズに歩けていました。
ご本人も「左足に力が入るようになった」と喜んでいました。

3日後に2回目の施術、前回と同様にアクティベータにて矯正したあと、今回は左の腰部・ハムストリングに筋肉のバランスを整える調整を行いました。
4日後に3回目の施術を行い、終了時には股関節の痛みはほぼ消失し、歩行も日常生活では杖を使わなくても問題のない程度まで改善しました。

その後、1週間に一度の施術を2回、10日に一度の施術を1回、2週間に一度の施術を1回行い、現在はメンテナンスとして3週間に一度の施術を継続中です。


 

首から背中にかけての痛み

27歳 男性

この症状は、昨年の12月にスノーボードをしていてジャンプをしたときに転倒した後から始まりました。

この痛みは、一日中つねにあり、発症してから現在までの経過はとくに変化はありません。仕事はデスクワークで、長時間座った姿勢でいると痛みが強くなり、朝起きたときには痛みは幾分やわらいでいます。

もっとも強く感じる痛みを10とすると、現在の痛みの強さは9くらいの強さです。

検査・施術
まず施術前の検査において、患部を慎重に触診していくと、首の後ろ~背中、とくに肩甲骨の内側あたりまで少し熱をもっている感じがあります。

次に、首の可動域の検査を行うと、首を前に倒す動作で、首の後ろ~背中(肩甲骨の真ん中)あたりまで引っ張られるような痛みがあります。

初回の施術は、まずアクティベータにて全身のバランスを調整したあと、胸椎と頚椎をより細かくチェックし強制していきました。初回の施術後の痛みは、9から6まで軽減しました。
施術後、自宅にて頚部~背中の炎症をおこしている部分にアイシングをするようにアドバイスして初日の施術は終了しました。

2日後に2回目の来院。施術前の痛みの強さは前回と同じく9の強さ。施術は前回と同様にアクティベータにて矯正したあと、今回は首周辺の緊張のみられる筋肉に対して施術を行いました。その結果、施術後の痛みの強さは9から1まで軽減されました。

その後、1週間に一度の施術を2回行った結果、痛みは消失されたため、仕事中の姿勢や自宅でのエクササイズをアドバイスして終了しました。


 

慢性の腰痛

72歳 男性

この腰痛は、4ヶ月くらい前から少しずつ痛みが強くなってきました。朝布団から起き上がるときや、座った状態から立ち上がろうとすると痛みがあります。
また、階段を上がるときに、右足から上がろうとすることでも痛みがあります。

この腰痛で約2ヶ月の間、ほぼ毎日整形外科に通い、電気治療やウォーターベットでの治療を受けていたそうです。

9年前に自転車で転倒して、腰椎の2番を圧迫骨折していますが、整形外科にて今回の腰痛とは関連性はないと言われたそうです。

検査・施術
腰部の可動域検査で、後ろにそらす動きと左右に曲げる動きで痛みがありました。とくに後ろにそらす動作では痛みが強く、動きの制限もありました。また、両側のつま先と膝が外側を向いていて、膝はつねに軽く曲がっている状態でした。
触診では右の腰椎部分を押すと圧痛があり、臀部の筋肉には過度の緊張がみられました。

施術は、骨盤と腰を中心に矯正し、過緊張のみられる筋肉を緩めるように施術を行いました。その結果、1週間に一度の施術を合計4回行ったところで改善しました。
その後、1ヵ月後に右肩の痛みを訴えて来院されましたが、こちらの症状は3回の施術で改善がみられました。


 

頭痛・肩こり・眠りが浅く疲れが取れにくい

30歳 男性

この肩こりは、約1ヶ月くらい前からはじまりました。つねに重く鈍い痛みがあります。とくに思い当たるような原因やきっかけとなるようなことはなく、現在まで症状の経過に変化はありません。

この症状に対してマッサージを受けましたが、そのときはとても楽になりますがすぐに元にもどってしまいます。また、この肩こりの症状がひどくなるとあわせて頭痛がしてきます。

そのほかに最近は、眠ろうとして床についても寝つきがわるく、ぐっすりと眠れないため疲れがとれにくいと感じています。

検査・施術
施術前の首の可動域検査で、首を前に倒す動きと首をそらす(上を向く)動きで痛みと可動域の減少がみられました。また、右側に倒す動きと左を向く動きでは、痛みはなく可動域の減少のみみられました。

触診では、僧帽筋という筋肉と胸鎖乳突筋という筋肉に圧痛と過度の緊張がみられました。その他にカイロプラクティックの施術を行う上で禁忌になるような結果はありませんでした。

初日の施術は、アクティベータで全身のバランスを整えるように矯正し、その後はとくに首と肩甲骨周辺を細かく矯正しました。

3日後に2日目の来院時に経過を聞いたところ、初回の施術後~本日までは頭痛と肩こりはでていないとのことでした。睡眠に関しては、施術をした日はぐっすりと眠れましたが翌日からは少し元に戻った感じです。2回目の施術も前回と同様の矯正を行いました。

その後、1週間に一度の施術を2回行い、合計4回の施術で頭痛と肩こりは改善しました。睡眠にかんしては現在も経過を観察しながら、1ヶ月に一度定期的にメンテナンスとして施術を継続中です。


 

左股関節の痛み

39歳 女性

この左股関節の痛みは10年くらい前から断続的にあり、以前は1年に4~5回くらいの頻度でありましたが、最近になり2ヶ月一度くらいの頻度で痛むようになってきました。

この1週間は痛みで歩くことも苦痛でした。もっとも強く感じる痛みを10とすると、今現在の痛みの強さは5くらいの痛みがあります。

検査・施術
まず視診ですが、まっすぐに前を向いて立った状態で左足のつま先が右足と比べると外側を向いています。

次に患部を詳しく触診していくと、左の股関節に圧痛があります。それとあわせて左の臀部の筋肉、とくに梨状筋という深層にある筋肉と中臀筋という筋肉に痛みと過度の緊張がみられます。

痛みのある左股関節の可動域を検査すると、内旋(つま先を内側に向ける)の動きがに制限と痛みがあります。

施術は、アクティベータで骨盤をはじめ症状のある左股関節を細かく矯正しました。その後、梨状筋と中臀筋の緊張を緩めるように施術をしました。

1週間に2回の施術を2週続け、その後1週間に一度の施術を2週行った結果、合計6回の施術で痛みはなくなり改善しました。


 

お問い合わせはコチラへ!

住所 〒039-2129 青森県上北郡おいらせ町中平下長根山1-836
営業時間 火~金 / 9:00~19:00 土日 / 9:00~18:00
定休日 月曜日・祝日
電話番号 0178-56-2923

ページトップに戻る